BLOG

工務店とはインディーズだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
つくばの工務店ならベースポイント

みなさんは「家を建てよう」と思ったとき、どの会社で家を建てようと考えますか?

テレビCMで見かける大手ハウスメーカーでしょうか。それとも地域の工務店でしょうか。

つくばには大手ハウスメーカーの集まる総合住宅展示場もありますし、工務店もたくさんあります。

みなさんはどうやって家を建てる会社を選びますか。

「一生に一度の家づくりで失敗したくない」という気持ちから信頼できそうな大手ハウスメーカーを選ぶ方も多いようです。

逆に言えば、工務店では不安だと思われがちなのかもしれません。

そもそも工務店のこと知っていますか?

工務店の発信力の問題ですが、工務店はたくさんあるのに工務店について知っている人は少ないと思います。

そこで、今回は工務店について紹介していきたいと思います。

 

工務店とは

まず、工務店の基本についてです。

工務店は、建築工事や土木工事などの工事を施工・管理するのが主な仕事です。

つまり、工務店には大工さんなどの職人さんがいて工事をしている会社です。

元々大工さんだった人がそのまま工務店を営んでいるケースも多くあります。

それでは、工務店とハウスメーカーの差とは何でしょうか?

「家をつくる会社」という意味では違いはありません。

細かな違いはありますが、基本的には工務店もハウスメーカーも同じです。

この呼び名を分けているのは、「会社の規模」です。

簡単に言ってしまえば、テレビでCMを見かける大手企業がハウスメーカーで、それ以外は工務店です。

アパレルショップと呼ぶと繁華街っぽく聞こえ、洋服店というと商店街っぽく聞こえるのと同じ程度の意味合いです。

工務店もハウスメーカーも同じ仕事をしていながら、呼び名が異なるだけなのです。

工務店という響きには馴染みのない方も多いかもしれませんが、工務店は「家をつくる会社」だということだけご理解ください。

 

大手ハウスメーカーの家をつくっているのも工務店

工務店も大手ハウスメーカーも「家をつくる会社」だとご説明しましたが、家のつくり方には大きな差があります。

工務店の場合、工務店とご施主様で契約をして、工務店の職人さんたちが家をつくります。

大手ハウスメーカーの場合はどうでしょうか。

大手ハウスメーカーとご施主様が契約をするところまでは工務店と同じです。その先の家づくりの流れが違うのです。

小規模の地域工務店とは異なり、大手ハウスメーカーは全国各地で大量の家を同時につくっています。

しかし、大手ハウスメーカーとはいえ全国各地の職人さんを雇っているわけではありません。

では誰が大量の家をつくるのでしょうか。

それは「工務店」です。

全国各地の工務店が下請けとして大手ハウスメーカーの家をつくっているのです。

余談ですが、先ほどもお伝えした通り元々大工さんをしていた人が工務店を経営している場合が多くあります。この場合、「家づくりには自信があるけど営業は苦手・・・」というケースが少なくないのです。そこで、苦手な営業力を補うために、テレビCMなどで認知度抜群の大手ハウスメーカーの下請けとして家づくりをしている工務店が多くあるのです。

ただし、ひとまとめに「工務店」といっても仕事の質にはバラつきがあります。腕利きの大工さんばかりの工務店もあれば、お世辞にも上手いとは言えない大工さんのいる工務店もあります。

(同じ業界にいる者として残念でなりませんが、技術レベルの低い工務店がいるのも事実なのです。)

これは大手ハウスメーカーとしては困った状況です。

お客様はあくまでも大手ハウスメーカーと契約をしているのに、担当の工務店の技術力によって品質がバラバラでは許されません。

この問題の解決策として、大手ハウスメーカーでは工場生産を拡大しています。

家づくりの大部分を自社工場で行うことにより、現場の工務店に任せる作業を簡略化しているのです。現場の工務店の仕事は、細かな大工仕事というよりも、工場で生産されたユニットを組み立てる仕事に変わってきました。

変わっているのは工務店の仕事だけではありません。家自体の仕組みも、工場生産しやすい構造へと変化しています。

このまま家の構造についてもお話したいところですが、それはまた別の機会にしておきましょう。

 

工務店は家づくりの専門家

大手ハウスメーカーの家も工務店がつくっているというお話をしましたが、もちろんそれが全てではありません。

工務店が直接お客様と契約して、工務店独自の家をつくるというパターンもあります。

むしろ、これが工務店としての基本パターンです。

私たちベースポイントも、お客様と直接契約をして家づくりをしています。

工務店ごとに建てる家にはそれぞれ特徴があります。

先ほどお伝えした工務店の技術力の差もあるのですが、それよりも工務店ごとの住宅についての考え方の差が大きく現れます。

技術重視の工務店、価格重視の工務店、自然素材の工務店、デザイン重視の工務店などなど、工務店によって思想は異なります。

その結果、工務店によってつくられた家は個性豊かでバラエティーに富んでいます。

この幅広さこそが工務店の面白い所なのです。

大手ハウスメーカーと違って、工務店の家づくりは大量生産を前提としていません。

家づくりの専門家である工務店が、一点物の家をつくるのです。

大手ハウスメーカーは数社しかありませんが、工務店は無数にあります。

自分に合う工務店を選ぶというのが家づくり最大のポイントであり、楽しいところでもあります。

大手のようにテレビCMは流れませんが、自分に合う工務店を知ることこそが家づくりを成功させる秘訣なのです。

 

工務店はインディーレーベルのようなもの

つくばで工務店ならベースポイント

 

私は、住宅業界と音楽業界を重ねて考えています。

大手ハウスメーカーはメジャーレーベルです。

多くのアーティスト(職人)を抱え、強力なプロモーション力を持っています。

結果として全国で多くの人に音楽(住宅)を届けているのです。

そして、売上ランキングの上位を独占しています。

一方の工務店はインディーレーベルです。

アーティスト(職人)は少数で、テレビCMを流せる程の力はなく、音楽(住宅)を届けられる範囲も限られています。

もちろん売上ランキングでも上位独占とはいきません。

さて、それぞれが生み出す音楽(住宅)についてはどうでしょうか。

メジャー(大手ハウスメーカー)の音楽(住宅)が優れ、インディーズ(工務店)の方が劣っているのでしょうか。

そうではありません。

プロモーションや流通などの差によって、結果としての売上には差があります。

しかし、売上と音楽(住宅)の質は比例しません。

どちらにも素晴らしい音楽(住宅)はあるはずです。

そして、それを評価するのは聴き手(住まい手)以外にいないのです。

売上の多い少ないとは全く別の次元で、自分だけの特別な音楽(住宅)というものがあるのです。

メジャー(大手ハウスメーカー)かインディーズ(工務店)かということは問題ではなく、音楽(住宅)そのものの持つ力こそが本当の価値なのです。

つくり手にとって最も大切なものは「より良い音楽(住宅)を届けたいという」情熱です。

 

これからは工務店の時代

つくばで工務店ならベースポイント

 

引続き音楽業界のお話をもう少し。

90年代はCDが全盛の時代で、ミリオンヒットやダブルミリオンなどのヒット曲が数多く生まれました。

「誰もが知っていて誰もが歌える歌」というのがありました。

時代は流れて2010年代。

CDの売れない時代になりました。ミリオンヒットは以前のようなペースでは生まれません。

音楽配信サービスの台頭によりCD販売が減少しているという流れもありますが、ポイントはそこではありません。

注目すべきは「誰もが知っていて誰もが歌える歌」がほとんど生まれない点です。

これは、聴き手の趣味が多様化してきたことが反映されています。

90年代まではテレビの音楽番組で紹介されるメジャーの情報がほぼ全てでした。

みんなで同じ情報を手に入れ、同じ行動をした結果が、「誰もが知っていて誰もが歌える歌」なのです。

一方の2010年代。

主な情報源はテレビからYou Tubeなどのインターネットへと変わり、情報量が爆発的に増えました。

その結果、以前とは比較にならない程の多様な情報の中から、それぞれが自分好みの音楽を手に入れて楽しむようになりました。

聴き手がメジャーもインディーズも関係なく「自分好みの音楽」を評価するように変化してきたのです。

自分の好きな音楽を好きなように聴くというのが、今の楽しみ方です。

 

さて、ここで住宅業界の話に戻ります。

現時点では住宅業界ではまだ音楽業界程の変化は現れていません。

まだまだ大手ハウスメーカーは力を持っています。

しかしながら、今後は音楽業界と同じ流れがやってくることを確信しています。

工務店にはテレビCMを流す力はありませんが、インターネットで発信することはできます。

大手ハウスメーカーと工務店のプロモーション格差が無くなっていくことでしょう。

そして、住まい手も「知名度による安心感」という従来の判断基準ではなく、「自分らしい家」という本当に価値ある判断基準で家を建てるようになります。

家を大量生産・大量消費する時代は続きません。

これから、家づくりにこだわりを持った工務店の時代がやってきます。

これは「工務店ブーム」などの新しい流行りが来るという意味合いではありません。

「自分らしく暮らすための家をつくる」という家づくりの原点に回帰するということです。

そして、その想いに応えられるのが工務店なのです。

 

まとめ

つくばエリアには大手ハウスメーカーも工務店も数多く存在します。

知名度だけで判断して、工務店を敬遠するのはもったいないことです。

多種多様な音楽が身近になり個人の選択の幅が広がった音楽業界のように、住宅業界でも工務店のつくる個性豊かな家で「自分らしい暮らし」をすることが選ばれるようになります。

つくばエリアに根付いた工務店がどのような家づくりをしているのかを知ることが、家づくりを成功させる第一歩です。

「自分らしく暮らすための家」をつくりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家づくり資料プレゼント

家づくりを始める前にまずご覧いただきたい資料があります。


ベースポイントの考える家づくりのポイントがわかる資料や、家を建てた「その後」が見えるフォトブックを無料プレゼント中です。


家づくりに興味を持ったら、まずはお気軽にお問い合わせください。


資料請求はこちら

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


アクセス 資料請求 お問い合わせ