高気密高断熱の「高断熱」とは

快適な家をつくるための基本となるのが断熱性能です。
断熱についてのベースポイントのこだわりをご紹介します。

なぜ断熱が大切なのか

家を快適にしたい。誰でもそう考えるのではないでしょうか。
快適な空間にするためには、体感温度を心地よい温度に保つ必要があります。
断熱性能の高い家と低い家、どちらの家でも冷暖房機器を使用すれば室温24℃にはできると思いますが、実は同じ室温24℃にしたとしても体感温度は異なります。

断熱性能の低い家の場合、暖房で室温を24℃に温めたとしても床や壁や天井が冷えているため、身体の熱が奪われてしまうのです。
部屋は暖かいのに足元がひんやりしてしまうのが典型的な例です。

高気密高断熱の家の場合、床や壁や天井も冷えていないため体の熱が奪われにくく、室温に近い体感で心地よく過ごすことができます。

また、高気密高断熱の家なら冷暖房の効率も良くなりますので、省エネでランニングコストも安く済みます。
暮らしのことを考えれば、家の高断熱化は必要不可欠です。

茨城県で高気密高断熱の家を手掛けるベースポイントのリビング施工例

断熱性能

断熱性能は数値化することが可能です。
数値の指標はいくつかありますが、最もよく使用されているのが「UA値」です。
UA値とは、室内空間と外気とを隔てる外皮(屋根、壁、窓、床)からどれだけの熱が伝わるのかを数値化したもので、外皮平均熱貫流率ともいいます。
UA値の数値が0に近いほど熱が伝わりづらいことを示し、UA値が低ければ高断熱の家だと言えます。

UA値の基準についてご紹介します。
※以下の数値は、茨城県の大部分を占める断熱地域区分5地域の数値となります。

法定の断熱性能等級

断熱等級等級4等級5等級6等級7
UA値(W/㎡K)0.870.600.460.26

断熱等級1~3も設定がありますが、2025年の法改正で新築住宅は等級4以上への適合が義務化されます。

HEAT20基準

断熱グレードG1G2G3
UA値(W/㎡K)0.480.340.23

HAET20は、長期的な視点で地球温暖化などに対応するための住宅の在り方を提言している団体です。
国の基準と比較すると、よりレベルの高い断熱性能を目指していることが伺えます。

ベースポイントの家

ベースポイントでは高気密高断熱にこだわり、UA値0.3W/㎡K以下を基準としています。
UA値は家の間取りや形状によって変動しますが、すべての家で0.3W/㎡K以下を基準としています。
国の規定で言えば断熱等級6または断熱等級7、HIEAT20で言えばG2またはG3に当てはまります。

心地よい暮らしや環境負荷低減を目指し、厳格な自社基準を設定しています。
高気密高断熱を実現する具体的な構成については、基本仕様の詳細ページをご確認ください。

 


ベースポイントの基本性能